• 2014年秋 2回戦 慶應義塾 11-6 藤沢翔陵

2014年秋 2回戦 慶應義塾 11-6 藤沢翔陵


2014年秋季神奈川県大会
2回戦 藤沢翔陵vs慶應義塾
平成26年9月13日(土) バッティングパレス相石スタジアムひらつか

慶応 510 000 131 =11
翔陵 000 401 010 =6

◆2014年秋季神奈川県大会 組み合わせ
パソコン><モバイル


応援メッセージ コメント:11件

sponsored link
 

2014年秋 2回戦 慶應義塾 11-6 藤沢翔陵
コメント数:11件

  1. さん

    10番の子、フォーク投げてたよ。三振もとってた。

    0
  2. 翔陵おじさんさん

    慶応11 対 6翔陵 観戦記!
    両校先発ピッチャー、この試合では「四球、死四球多し互角!」
    11対6の差は何処なのか?ちなみに
    慶応校「二塁打5、三塁打1」翔陵校「三塁打1」
    最大の違いは球速、球威「打者を力でねじ伏せる力のある球」
    ここに強豪校との差を感じました。
    しかし、球速、球威を伸ばすのは簡単な事ではありません。
    では、どーするか?
    慶応打線を観察すると、どの打者も多少の速い球やスライダー
    なら軽々と外野まで打ちました。
    そこでです!!
    要は、内野ゴロを打たす球があれば少しは長打も減らせられる!
    では、どんな球が有効か?
    フォーク系で縦に落ちる球を習得するのも一つの手段です。
    「ストレートに近いほど有効だと思います」
    狙いは、ずばり内野ゴロ。すべては内野ゴロの為なのです。
    内野ゴロを打たす為のボールなのです。
    そんな簡単に習得出来るかよ?と思いますよね?
    一番近くにいるではないですか!
    長身で、このボールを練習したであろーお方がこの高校には!
    そーです。監督さんです。
    今こそ、この球を伝授する時が来たのではないでしょうーか?

    0
  3. 翔陵ファンさん

    守備はノーエラーでした。。。
    若干外野への長打で取って欲しいのはありましたが。。。
    被安打14、与四死球6
    投手が踏ん張れれば互角に戦えるように
    思えました!
    制球はアバウト、球威も中途半端、
    決め球が不明確。。。
    新チームは相模の次に慶応との評判があるそうで
    ・・・かなわないレベルではないと体感出来たのでは?
    投手陣の奮起に期待します

    0
  4. サリーさん

    負けちゃったけど、4回裏での4点獲得は、感動した!
    観てて私も嬉しかったり悔しかったりでした
    今度は勝て!翔陵!
    応援してます(*^^*)

    0
  5. とーしょーさん

    1年から投げてきた2人がいるから大量失点はないと思ったんだけどなぁ、
    エラーかな?
    それとも捕手?

    0
  6. やつはかさん

    いちさん。
    お疲れ様でした。
    やはりキヤッチャーですか。
    中西君との意志疎通も含め心配でした。
    頑張って春までに修正して欲しいです。
    頑張れ翔陵!

    0
  7. いちさん

    先発した中西は四球連発と長打で1回と1/3で6失点で降板。中盤は追い上げましたが三番手の投手が粘りきれず…という感じ。キャッチャー育成しないとダメです。あと専属の三塁コーチャーも!!

    0
  8. マニアさん

    また強豪校のブロックですね、くじ運の悪さは昭和からです(笑)

    0
  9. yathakaさん

    ミスを恐れず全力で!
    試合の入り方3回までに先制して欲しい!

    0
  10. 藤商卒さん

    慶応 横浜と厳しい相手ですが、今の翔稜の力を試すには絶好の
    チャンスだと思います。
    春 夏につながる試合を期待しています。

    0
  11. ぐるさん

    翔陵、厳しいブロックだけど気持ちを前面に出して絶対に勝とう!

    0
sponsored link

2014年秋 2回戦 慶應義塾 11-6 藤沢翔陵
コメントを残す



※投稿の際は、対戦校への敬意も忘れずに!
※名前を変えての連続投稿はご遠慮願います。

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ