• 1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜


第74回全国高校野球選手権神奈川大会
決勝戦 桐蔭学園vs横浜
平成4年7月30日 横浜スタジアム

桐蔭 304 100 020 =10
横高 130 004 000 =8

[桐] 木下健之、高橋由伸-深田啓之
[横] 奈良貴哉、白坂勝史、部坂俊之-渡辺貴洋、中野栄一
[本] 副島孔太(桐)中野栄一(横)
[三] 副島孔太(桐)
[二] 高橋由伸2、深田啓之、横川義生、古屋和之(桐)鹿児島悦大、大村明伸、平馬淳、鈴木章仁、安部欣也(横)

桐蔭学園、2年連続4度目の優勝トーナメント表
 桐蔭は初回、副島孔太(3年)の3ランで先制。逆転された3回には木下健之(2年)のタイムリーなどで再逆転しリードを広げる。横浜は6回二死満塁から、鈴木章仁(3年)の走者一掃二塁打で同点に追いつく粘りを見せるが、桐蔭は8回に高橋由伸(2年)の左越え適時二塁打で試合を決めた。


応援メッセージ コメント:2件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜
コメント数:2件

  1. Naoya さん

    この試合、桐蔭の生徒として観ていました。
    準決勝が圧勝だっただけに、ハラハラドキドキの展開に、まさに手に汗握りながら応援していました。
    当時の打線は破壊力抜群で、どこからでも得点できる強さがあしました。
    あれからもう18年… ですが、いまだに覚えています!

  2. 神奈川県民 さん

    高橋(巨人)、副島(元ヤクルトなど)を擁する強力打線の桐蔭。
    部坂(元阪神)、白坂(元中日)、斉藤宜(元巨人)を擁する無敗の横浜。

    両社がっぷり四つの名勝負でした。

    それにしても、今年の3年生はこのときの生まれですか・・・・年が経つのははやいですね。

sponsored link

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜
コメントを残す



※投稿の際は、対戦校への敬意も忘れずに!
※名前を変えての連続投稿はご遠慮願います。

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ