• 1980年夏 甲子園決勝 横浜 6-4 早稲田実業

1980年夏 甲子園決勝 横浜 6-4 早稲田実業


第62回全国高校野球選手権大会
決勝戦 横浜vs早稲田実業学校(東東京)
昭和55年8月22日(金)甲子園球場

早実 100 210 000 =4
横浜 212 001 00X =6

[早] 荒木大輔(3)、芳賀誠(5)-佐藤孝治
[横] 愛甲猛(5)、川戸浩(4)-片平保彦
[本]
[三]
[二] 播磨淳一、栗林友一(早)吉岡浩幸(横)

横浜高校、初優勝!(創部34年目)


神奈川新聞 特別連載
K100 神奈川高校野球
スーパースター編
愛甲猛(横浜)


応援メッセージ コメント:2件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1980年夏 甲子園決勝 横浜 6-4 早稲田実業
コメント数:2件

  1. ラッパ吹きの母さん

    熱闘後方支援さん、よくぞ書いてくださいました。
    横浜高校の安西二塁手、素晴らしい選手でしたよね。
    当時、中学生の女子の間では愛甲君や荒木君が大人気でしたが、私は安西君が大好きでした。^o^

  2. 熱闘後方支援さん

    グレーのユニフォームに身を包んだ荒々しい強さの横浜ナイン。個の力を感じるチームでした。そんな中で、小柄ながらセンス抜群の攻守でチームを引き締めていたのが安西二塁手でした。やはり全国制覇するチームには必ずそんなキーマンが現れます☆

sponsored link

1980年夏 甲子園決勝 横浜 6-4 早稲田実業
コメントを残す

投稿内容について
主旨が変わらない範囲内で修正、または掲載を中止する場合があります。神奈川新聞紙面、関連の出版物等に掲載する場合があります。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ