• 1991年夏 準々決勝 武相 4-3 横浜商大

1991年夏 準々決勝 武相 4-3 横浜商大


第73回全国高校野球選手権神奈川大会
準々決勝 横浜商大vs武相
平成3年7月26日(金)横浜スタジアム

武相 000 100 021 =4
商大 000 200 010 =3

[武] 広井義充-相原大樹
[商] 挽野潤-高須賀史享
[本]
[三] 中村泰隆(商)
[二] 石井美隆、菊地英介(武)川端正典(商)

9回表二死三塁、相原大樹の中前適時打で勝ち越し


応援メッセージ コメント:1件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1991年夏 準々決勝 武相 4-3 横浜商大
コメント数:1件

  1. カイジさん

    この夏のベストバウトではないでしょうか?
    神奈川グラフの表紙にもなってましたよね。

sponsored link

1991年夏 準々決勝 武相 4-3 横浜商大
コメントを残す

投稿内容について
不適切な投稿は掲載を中止させて頂く場合があります。
全文、または一部を新聞紙面・出版物等に掲載させて頂く場合があります。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ