• 1991年夏 準々決勝 桐蔭学園vs桐光学園

1991年夏 準々決勝 桐蔭学園vs桐光学園


第73回全国高校野球選手権神奈川大会
準々決勝 桐蔭学園vs桐光学園
平成3年7月26日 横浜スタジアム

桐蔭 100 400 000 =5
桐光 010 000 300 =4

[蔭] 小野正史、岩崎大輝-高木大成
[光] 吉原宏典、内海健二-海老沢拓馬
[本]
[三]
[二] 高橋由伸2、副島孔太(蔭)宇賀山誠(光)


応援メッセージ コメント:1件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1991年夏 準々決勝 桐蔭学園vs桐光学園
コメント数:1件

  1. うみねこ さん

    今や実力伯仲の両校も、当時は「圧倒的桐蔭有利」の下馬評でした。

    ただ小野君がぱっとせず、思いのほかの熱戦で、手に汗にぎりました。

    確かこの試合の前に、とうこうのエースが利き手の逆の手を骨折していて、打撃ができなかったんじゃなかったなかったでしたっけ?

    桐蔭はそのエースが打席に立った時に、外野手を一人内野まで前進させて、極端なシフト守備を敷いていたのが斬新でした。

sponsored link

1991年夏 準々決勝 桐蔭学園vs桐光学園
コメントを残す



※投稿の際は、対戦校への敬意も忘れずに!
※名前を変えての連続投稿はご遠慮願います。

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ