• 2013年春 4回戦 桐蔭学園 4-0 法政二

2013年春 4回戦 桐蔭学園 4-0 法政二

2013年春季神奈川県大会
4回戦 桐蔭学園vs法政大学第二
平成25年4月21日(日) 横須賀スタジアム

法政二 000 000 000 =0
桐 蔭 100 102 00X =4

[法] 麻生、島村、河野-持田、水上
[桐] 齊藤-伊勢
[本]
[三] 小澤(法)
[二] 田代、高橋(桐)

桐蔭学園・齊藤大将、14奪三振完封!
9回二死まで無安打の快投

◆県大会トーナメント表
PC><モバイル


応援メッセージ コメント:13件

sponsored link
 

2013年春 4回戦 桐蔭学園 4-0 法政二
コメント数:13件

  1. 武相高校OB さん

    法政二高校様、古豪復活目指しているようですね。わが母校も復活目指しています。新興勢力に負けないようお互い頑張りましょう。
    ファイト法政二高。

  2. 平尾勝昭 さん

     桐蔭、おめでとう。勝と思っていましたが、パソコンを開いて確かめるまで不安でした。 法政二高との対戦については、10数年前、夏の大会で降雨により、再試合の結果、負けた試合を思い出しました。その時、法政二高は、甲子園に行きました。法政二高の球児の皆さん、お疲れ様でした。次の平塚学園との試合には応援に行くつもりです。このまま勝ち続けて、決勝で桐光学園(多分、このまま勝ち上がってくるのではないかと思っています。)を破り、去年の夏の雪辱を果たして頂きたいと思っています。(春の大会と夏の大会では次元が異なるかな?)いづれにしても、桐蔭球児の皆さん,頑張ってください。優勝を期待しています。

  3. 帚木 ( ははきぎ ) さん

          「真木の柱は われを忘るな」
     
    真木の柱 ( 斉藤君 ) は、われわれの期待にこたえてくれました。
    今日の試合は、斉藤君の完璧な好投でした。
    桐蔭学園のみなさん、おめでとうございます。

    対戦相手の法政大学第二高校のみなさん、ありがとうございました。

    今日の勝因は、もちろん斉藤君の好投です。
    それからもう一つ、六回ツーアウトランナー無しから、七番 田代君、八番 高橋君、九番 星君の三連打で、2 得点したことです。

    明日から、また、とことん稽古 ( 練習 ) に励んでください。

  4. 商大親父 さん

    桐蔭4-0法政二 終了

  5. さん

    スコアを教えていただけますか?

  6. 鎌倉 さん

    いやー、斉藤、ノーヒットノーラン、おしかったなー。相模は今日ノーヒットノーランだったらしいので、思わず力はいっちゃいましたが。準決勝相模桐蔭戦は投手戦になりそうだなー。

  7. OB さん

    7回表終了

    桐蔭 4-0 法政

    法政7回までノーヒット

  8. OB さん

    6回表終了

    法政 0-2 桐蔭

    法政まだノーヒット

  9. 通りすがり さん

    5回終了し、0-2で桐蔭リードみたいです!

  10. にわか高校野球ファン さん

    天候、グランドコンディッション大変かと思いますが、一戦、一戦着実に勝ち進んでいきましょう。桐蔭球児、チェスト!!

  11. 川崎球場 さん

    法政ニ、シード獲得おめでとう!ここからはさらに上を目指してください。古豪復活だ!

  12. 新時計塔 さん

    法政二高はここからが 正念場です 頑張ってください

    オレンジ応援団は楽しく盛り上がって 選手の粘りの後押しを

    よろしく! 

    勝つぞー チーム力野球で ベスト8だ!

  13. 帚木 ( ははきぎ ) さん

    桐蔭学園のみなさん、四回戦も、全力総力をあげて、がんばってください。

    明日の試合も、先発は、斉藤君だと思います。
    連投になるけれど、好投を期待します。
    斉藤君にとって、今年が最後の年ですね。

    桐蔭学園のエース斉藤君へ。
    源氏物語、真木柱 ( まきばしら ) より引用します。

       今はとて  宿 ( やど ) 離 ( か ) れぬとも  馴れつきる
       真木 ( まき ) の柱は  われを忘るな

    斉藤君の一球一球を、われわれはスタンドから見ています。
    投球直後、球審の右肩が少しでも動いたら、すぐに拍手を送ります。
    真木の柱 ( 斉藤君 ) よ、それを忘れないでください。

    最後に、桐蔭学園の生徒諸君へ。
    源氏物語、初音 ( はつね ) より引用します。

       くもりなき  池のかがみに  よろず代を
       すむべき影ぞ  しるく ( 白く ) 見えける

    この一戦も、「明鏡止水 ( めいきょう しすい ) 」の心。
    そこに映るのは、ただ、白球のみなり。

sponsored link

2013年春 4回戦 桐蔭学園 4-0 法政二
コメントを残す



※コメントがすぐに反映されない場合があります

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ