• 2013年夏 1回戦 高津 9-2 相模向陽館

2013年夏 1回戦 高津 9-2 相模向陽館


第95回全国高校野球選手権神奈川大会
1回戦 高津vs相模向陽館
平成25年7月11日(木) 秦野球場

向陽館 101 000 0 =2
高 津 001 413 X =9
(7回コールド)

[向] 増田-小沢
[高] 北川-蛯原
[本]
[三] 小倉、北川(高)
[二] 井上(向)

2013年夏 神奈川県大会
PC><モバイル


応援メッセージ コメント:14件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

2013年夏 1回戦 高津 9-2 相模向陽館
コメント数:14件

  1. いつかの綾西主将さん

    一樹の悔しさは俺らが晴らした

  2. 高校野球ファンさん

    高津高校は、次の綾瀬西戦で何と無く、元気なく敗れてしまったように思えます。四敬遠で得た勝利が、果たして彼らにとって良い経験となったのか、一生の宝物の勝利となったのでしょうか?ちょっと私には疑問が残ります。

  3. tktさん

    キャッチャーの蛯原君、1年生なのにすごいですね!!
    しかもキャッチャーって・・・
    なかなか1年生ができるポジションじゃありませんよね

  4. 青シャツさん

    試合当日は秦野球場へ行けませんでしたので、あくまでも試合後の経過と結果を見ての感想です。

    ここまでのコメントの中で、甲子園での松井秀樹の5打席敬遠と今回の増田選手への4打席敬遠が同次元で語られているものがありますが、それはちょっと違うのではと思っています。
    前者は、すべての高校球児の夢の舞台である甲子園出場を果たしたうえでのことです。一方で地区予選はそこで1敗すればすべてが終わります。ルールのうえで敬遠が違反行為となっていないのであれば、それを策とすることに何の問題もないのではないでしょうか。確かに高津高校は甲子園からは程遠い高校です。しかしそれを夢見る思いは他の強豪校に選手にも負けないものを持っていることは、3年間高津高校野球部父母会に関わってきて痛いほど感じています。もちろん監督さんもそれは痛感しているはずで、そのための手段だったのでしょう。

    また、敬遠という事実だけを取り上げてまわりがそれを語ることも違和感を覚えます。敬遠については、監督さんの一方的な采配のように取り上げられていますが、その事実はどなたか確認されていますか? もしかしたら選手の側からの意見だったかもしれません。それが監督さんによる采配であったとしても、それまで監督さんと選手たちが築き上げてきた信頼関係がどれほどのものであったか、まわりからではわからないことでしょう。信頼関係が築けている中での敬遠指示であれば、それを受けた選手(特に投手)も納得したうえでプレーができたはずです。贔屓目かもしれませんが、私自身はそうした信頼関係が築けていたチームだと思っています。

    いずれにしても、野球は団体競技であり個人技を争うスポーツではありません。また、流れの中で進行するものであって、今回の4打席連続敬遠も作戦の中での行為であって、それ以上でもそれ以下でもないでしょう。
    高津高校ナインも相模向陽館ナインの思いを胸に2回戦に挑みましたが、残念ながらそこでは敗退をしてしまいました。
    それが高校野球です。

  5. 三十路のドカベンさん

    自分は高校野球の指導に携わった事があり増田君や向陽館の監督、部長の先生と現在に至るまでの話を伺った事があります。最後の夏にかける思いは他の球児の何倍もあったはず。批判を覚悟してまで勝つことを優先するなんて4打席敬遠とゆう作戦は教育者としてどうなのかと思ってしまいます。
    加藤監督は教育者、指導者に向いていないと思います。
    増田君は次のステージでも通用する選手だと思うので後1年、体作りを頑張ってうえでも活躍してください。

  6. 西澤桃華さん

    試合の重みは観客と監督で違うと思いますが
    松井秀樹の場合は甲子園大会
    今回の敬遠は、県予選の一回戦ということですね

    ”作戦”とはいえ
    松井秀樹の敬遠策がどのようにファンに評価されたか。
    ルールではOKですがモラル的には最悪なのでは。

  7. さん

    コメント拝見しましたが、しょうがないのではないでしょうか。
    高津高校側だって、勝つのに必死で実行した策な訳だし。
    頑張った2校の選手達に敬意を表したいと思います。

  8. ガックス(管理人)さん

    国民栄誉賞の松井秀喜は「自分の原点はあの連続敬遠にある」と言っています。増田選手にも、いつの日か、そう思える時が来ることを願っています。

    神奈川新聞に掲載された高津・田中監督の談話
    「増田君には申し訳ない気持ちでいっぱいだが、打たせてほかの打者が勢いづくのが怖かった」

    批判覚悟の采配だったと思います。もちろん、敬遠はルール違反ではありません。

    皆さんから寄せられたコメントはできる限り掲載しますが、名前を変えての重複投稿は、荒らし行為と見なし削除します。

  9. 正々堂々さん

    田中監督へ

    高津高校の選手たち、とりわけピッチャーの選手に一生消えないキズを背負わせてしまいましたね。
    選手たちも卑怯者監督の指示をどう受け止めていたでしょう・・・あまりに可哀そうでたまりません。

  10. 横浜高校卒業生さん

    昨日までどんな思いで一生懸命、向陽館の野球部員達は練習してきたんだろう。夏の大会に向けて限られた時間の中一生懸命練習をしていましたね。 
    それなのに大人の、高津高校野球部、田中監督エゴでボール球しか投げてもらえず、腸が煮え繰り返る思いだったと思います。増田君の親御さんもさぞつらかったでしょう。

  11. 横浜高校卒業生さん

    高津高校野球部・加藤健次監督。今後、学生の野球に携わる事から退いて頂きたい。自チーム、他チームとほとんどの高校球児、関係者、観客を不快な気分にさせ、失望させました。
    綾瀬西との試合は指揮をとらずに子供たちが笑顔で出来る試合を望みます。また、増田君のような不本意な悔し涙は見たくありません。

    増田君、応援しています。

  12. さん

    高津ふざけるな
    最後のなつをただ見送るだけで終えた増田くんのきもちを考えろ!!

  13. 報知さん

     外角に大きく外れた白球が、涙でにじんで見えた。7点を追う7回、2死走者なし。相模向陽館の主砲・増田は、またしてもボール球を見送るしかなかった。4打席連続の敬遠。「勝負してほしかった…」。92年夏の甲子園で5打席敬遠された松井秀喜さんを思い出させる、1度もバットを振ることができず“最後の夏”に幕が下りた。

     異色のスラッガーだ。中学時代は強豪・横浜緑シニアで活躍していたが、3年春に退部。不登校も経験し、定時制の相模向陽館に進学した。1年秋からエースを務め、打っては高校通算39本塁打。定時制は4年制で、今秋のドラフトは対象外だが、日米の複数球団がマークする逸材だ。この日も西武など3球団が視察。オリックス・中川スカウトは「いい打者がいると聞いて来たんだけど」と、バットを振らずの敗退を惜しんだ。

     高津の田中健次監督(48)は「うちに増田くんを抑えられる投手はいない」と、組み合わせ決定直後から決めていた作戦。増田は「泣くに泣けない。打つ自信はあった」とぼう然。今後については「大学でもまれてプロに行きたい。あと1年あるので木製バットに慣れたい」。チームに残って自慢の打棒を磨いて行く。

     ◆増田 一樹(ますだ かずき)1995年6月18日、東京・墨田区生まれ。18歳。小1から横浜旭リトルで野球を始める。宮田中では横浜緑シニアに所属し、1年時に関東大会ベスト4。高校では1年秋からエースで、最速139キロ。182センチ、83キロ。右投右打。家族は両親と弟。

  14. 公立組さん

    高津高校の監督が相模向陽館の増田君に全打席敬遠を指示したとのこと、とても恥ずかしい行為ですね。高校野球は教育の一環でしょう。甲子園には遥か遠い高津高校であっても、勝つためには手段を選ばない野球を行った指導を疑います。

sponsored link

2013年夏 1回戦 高津 9-2 相模向陽館
コメントを残す



※投稿の際は、対戦校への敬意も忘れずに!
※名前を変えての連続投稿はご遠慮願います。

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ