• タイブレーク方式

sponsored link

タイブレーク

 神奈川県高校野球では2015年春季県大会から、決勝戦を除く全試合で導入されます。延長13回から「無死一二塁」で始まり、決着がつくまで同条件のタイブレークで延長戦を行います。但し、降雨などで試合続行が不可能になった場合は、引き分け再試合となります。また、ひとりの投手が投げられるイニング数は15回までとなります。(神奈川新聞 2015年4月10日の記事より)

※2015年4月12日「湘南-横浜桜陽」戦で初めて実施されました。

広告


2016年春 4回戦 桐蔭学園 3x-2 平塚学園
平成28年4月19日(火) パレスタひらつか

2015年春 2回戦 湘南 3-1 横浜桜陽
平成27年4月12日(日) 日大藤沢高グラウンド
2009年夏 準々決勝 横浜隼人 10x-9 横浜
平成21年7月26日(日)横浜スタジアム

このページの先頭へ