• 【最新コメント 3件】 1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜


第74回全国高校野球選手権神奈川大会
決勝戦 桐蔭学園vs横浜
平成4年7月30日(木)横浜スタジアム

桐蔭 304 100 020 =10
横高 130 004 000 =8

[桐] 木下健之、高橋由伸-深田啓之
[横] 奈良貴哉、白坂勝史、部坂俊之-渡辺貴洋、中野栄一
[本] 副島孔太(桐)中野栄一(横)
[三] 副島孔太(桐)
[二] 高橋由伸2、深田啓之、横川義生、古屋和之(桐)鹿児島悦大、大村明伸、平馬淳、鈴木章仁、安部欣也(横)

桐蔭学園、2年連続4度目の優勝トーナメント表
 桐蔭は初回、副島孔太(3年)の3ランで先制。逆転された3回には木下健之(2年)のタイムリーなどで再逆転しリードを広げる。横浜は6回二死満塁から、鈴木章仁(3年)の走者一掃二塁打で同点に追いつく粘りを見せるが、桐蔭は8回に高橋由伸(2年)の左越え適時二塁打で試合を決めた。


神奈川新聞 特別連載
K100 神奈川高校野球
スーパースター編
高橋由伸(桐蔭学園)

試合当日は高校野球ファンの皆様からご提供頂いた速報情報を掲載しています。公式結果は翌日の新聞等でご確認願います。

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜
コメント数:3件 

  1. 森ちゃん さん

    炎天下裸で応援していました。熾烈な総力戦でした

  2. Naoya さん

    この試合、桐蔭の生徒として観ていました。
    準決勝が圧勝だっただけに、ハラハラドキドキの展開に、まさに手に汗握りながら応援していました。
    当時の打線は破壊力抜群で、どこからでも得点できる強さがあしました。
    あれからもう18年… ですが、いまだに覚えています!

  3. 神奈川県民 さん

    高橋(巨人)、副島(元ヤクルトなど)を擁する強力打線の桐蔭。
    部坂(元阪神)、白坂(元中日)、斉藤宜(元巨人)を擁する無敗の横浜。

    両社がっぷり四つの名勝負でした。

    それにしても、今年の3年生はこのときの生まれですか・・・・年が経つのははやいですね。

1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜
コメントを残す

※他人の名前や組織名の無断使用はご遠慮願います。



[コメント投稿に関するお願い]

サイトに関するお問い合わせは、こちらから!

関連情報

コメント投稿時のお願い

コメントがすぐに表示されない場合があります。

投稿前に必ず読み直し、誤字脱字のチェックをお願いします。

冷静に丁寧な言葉で、相手の意見も尊重しましょう! 母校愛からの叱咤激励は否定しませんが、言葉選びをより慎重にお願いします。

ミスや問題点を指摘する際は、解決策を交えながら建設的な議論を心掛けてください。

名前を変えての連続投稿、自作自演行為、同内容連続投稿はご遠慮願います。

事実と異なる内容、誤解を生む恐れ、雰囲気を乱す恐れある表現などは、一部修正または掲載をお断りする場合があることをご了承の上、ご投稿願います。

自由な投稿の場を提供できるよう努力しておりますが、昨今の社会情勢はとても厳しい状況です。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

このページのコメント投稿先
[1992年夏 決勝 桐蔭学園 10-8 横浜]

サイトに関するお問い合わせは、コチラから!
週刊ベースボール 

このページの先頭へ