• 1993年夏 決勝 横浜商大 2-1 横浜

1993年夏 決勝 横浜商大 2-1 横浜


第75回全国高校野球選手権神奈川大会
決勝戦 横浜vs横浜商大
平成5年7月31日(土)川崎球場

横高 000 010 000 =1
商大 011 000 00X =2

[横] 白坂勝史-若杉聖一
[商] 福田香一-関野祐二
[本]
[三] 浅場良光(商)
[二] 紀田彰一(横)笹間貴徳(商)

横浜商大、27年ぶり2度目の優勝
 雨天順延が重なり、川崎球場で行われた決勝戦は、横浜商大が投手戦を制し、27年ぶりの頂点に立った。商大は2回、主将・笹間貴徳の左越え二塁打で先制。3回にも斉藤秀光の中前打で加点した。対する横浜は5回、先頭の紀田彰一が左前打で出塁し、二死後、斉藤宜之の右前打で1点を返すが、7回の二死満塁の好機を逃すなど、商大エース・福田香一を打ち崩せず、3年連続の決勝戦敗退となった。

1993年夏 トーナメント表

応援メッセージ コメント:1件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1993年夏 決勝 横浜商大 2-1 横浜
コメント数:1件

  1. OBさん

    この年のチームは強かった。甲子園にも応援にいき、校歌を歌わせてもらいました。甲子園でも優勝した育英に4-5で負けたけど普段どおりの野球ができた。

1993年夏 決勝 横浜商大 2-1 横浜
コメントを残す

投稿内容について
ご投稿後、すぐに表示されない場合があります。
全文、または一部を神奈川新聞紙面・出版物等に掲載させて頂く場合があります。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ