• 1980年夏 甲子園準決勝 横浜 3-1 天理

1980年夏 甲子園準決勝 横浜 3-1 天理


第62回全国高校野球選手権大会
準決勝 横浜vs天理(奈良)
昭和55年8月20日(水)甲子園球場

天理 000 000 100 =1
横浜 000 000 30X =3

[天] 小山昌男、川本和宏-高峰長伸
[横] 愛甲猛-片平保彦
[本]
[三] 宍倉一昭(横)
[二] 宍倉一昭(横)

雨中の逆転劇
7回裏二死一二塁、沼沢尚の三遊間適時打で同点。宍倉一昭の右中間三塁打で逆転。【試合時間:2時間31分(中断37分)】

応援メッセージ コメント:1件

1980年夏 甲子園準決勝 横浜 3-1 天理
コメント数:1件 

  1. じゅんさん

    川本がエース格で小山は初登板。リードしたところで川本に継投していれば勝っていたかも。8回裏に川本が登板して4番愛甲などを簡単に3者凡退に押さえただけに悔やまれる。

1980年夏 甲子園準決勝 横浜 3-1 天理
コメントを残す

注意事項
投稿後、すぐに表示されない場合があります。
投稿内容に関する責任は、投稿者が負うものとします。
名前を変えての複数投稿はご遠慮願います。
対戦相手への敬意も忘れずに!




サイトに関するお問い合わせは、こちらから!

オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ