• 1966年夏 甲子園準々決勝 松山商業 4-2 横浜一商

1966年夏 甲子園準々決勝 松山商業 4-2 横浜一商


第48回全国高校野球選手権大会
準々決勝 横浜第一商業vs松山商業(愛媛)
昭和41年8月21日(日)甲子園球場

一商 000 000 002 =2
H5 E2
松商 010 003 00X =4
H6 E2

[一] 佐々木正雄-米長賢一
[松] 西本明和-沢田悟
[本] 西本明和(松)
[三] 岡田聖二(松)
[二] 米長賢一(一)


神奈川新聞 特別連載
K100 神奈川高校野球
スーパースター編
佐々木正雄(横浜一商)

応援メッセージ コメント:1件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1966年夏 甲子園準々決勝 松山商業 4-2 横浜一商
コメント数:1件

  1. kktfさん

    横浜一商は現在の横浜商大高校ですね?この試合は甲子園で観戦しました。佐々木投手の小気味いい投球が印象に残っています。後に広島に入団した西本投手(巨人西本投手のお兄さん)に打たれたホームランがなければ・・・、という惜しい試合でした。

1966年夏 甲子園準々決勝 松山商業 4-2 横浜一商
コメントを残す

投稿内容について
ご投稿後、すぐに表示されない場合があります。
全文、または一部を神奈川新聞紙面・出版物等に掲載させて頂く場合があります。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ