• 1993年夏 準決勝 横浜商大 4-3 山北

1993年夏 準決勝 横浜商大 4-3 山北


第75回全国高校野球選手権神奈川大会
準決勝 横浜商大vs山北
平成5年7月30日 横浜スタジアム

山北 000 001 020 =3
商大 000 020 02X =4

[山] 古瀬誠-大里一茂
[商] 米山勝久、福田香一-関野祐二
[本]
[三]
[二] 村司勝俊、鈴木健一、勝呂雅紀(山)江沢豊、東忠克、関野祐二(商)

横浜商大、23年ぶりの決勝選出
8回裏二死満塁、代打・笹間貴徳(3年・主将)の逆転2点タイムリー

1993年夏 トーナメント表
PC><携帯

応援メッセージ コメント:3件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

1993年夏 準決勝 横浜商大 4-3 山北
コメント数:3件

  1. 公立ファン より:

    夏は3回戦で厚木西に破れましたが、黒羽根、平田、勝呂、松下など、96年の山北もいいチームでした。当時横浜高校と9回まで競り合える公立高校はそうそうなかったと記憶しています。

  2. 山北OB より:

    80年代から90年前半までの山北は本当に強かった。強打の私学に対して、鉄壁の守備とバント、足技を絡め高校野球の基本に忠実な野球が魅力な公立高でした。過去二回のベスト4を含め集大成な試合内容でした。

  3. 匿名 より:

    古瀬は4連投ながら商大打線を終盤まで抑えて、最後に力尽きた。援護できる投手が一人いれば……
     古瀬は平成以降の神奈川県立では最高クラスの投手だったと、今でも思う。

1993年夏 準決勝 横浜商大 4-3 山北
コメントを残す

投稿内容について
ご投稿後、すぐに表示されない場合があります。
全文、または一部を神奈川新聞紙面・出版物等に掲載させて頂く場合があります。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ