• 2018年夏 北神奈川 第1シード 慶應義塾

2018年夏 北神奈川 第1シード 慶應義塾


第100回全国高校野球選手権北神奈川大会
第1シード 慶應義塾高校

今春:ベスト8(3-6 桐光学園)
選抜:1回戦(3-4 彦根東)
秋関:ベスト4(4-7 明秀日立)
昨秋:準優勝(0-12 東海大相模)
昨夏:ベスト8(8-11 桐光学園)

夏の神奈川大会

応援メッセージ コメント:2件

友だち追加 ← 神奈川の高校野球情報をお届けします

2018年夏 北神奈川 第1シード 慶應義塾
コメント数:2件

  1. koさん

    初球に手を出すのは絶対禁止、くらいが丁度いい。

    アウトになるなら相手投手に10球投げさせること。
    それがチームで相手にプレッシャーをかけていくということにもなる。

  2. 観覧車さん

    高校野球マガジン南北神奈川大会完全ガイドを読みました。
    生井君は自分の課題をきちんと分かっていて、「変化球でカウントが取れないと真っすぐを狙われてしまう。スライダーでストライクが取れるようにしていきたい」と書いてありましたが、本当にそう思います。
    バッターはチャンスにタイムリーを打てない事が課題と森林監督が書いていたが、それよりも初球から大振りして空振り、凡フライを繰り返す事が課題と思う。長打は魅力だが、四球、バント、短打の積み重ねの方が、得点力は上がると思います。
    打順は春は一番下山で左バッターを並べたが、良い組合せを探っていくとの事だが、左右ジグザグがいいと思います。
    1.宮尾(左)2.奥村(右)3.下山(左)4.石田(右)5.大川(左)6.関(右)7.吉川(左)8.善波(右)9.生井(左)
    相手投手が左の時は吉川(左)を廣瀬(右)に代える。
    相模、桐光に勝つには野球の実力以外に賢い頭と、強い精神力が必要です。
    頑張れ‼慶應‼

2018年夏 北神奈川 第1シード 慶應義塾
コメントを残す

注意事項
投稿後、すぐに表示されない場合があります。
投稿内容に関する責任は、投稿者が負うものとします。



オリジナル画像の投稿 (無断転用不可)

関連情報

このページの先頭へ